霽月法律事務所 SEIGETSU LAW OFFICE

メインビジュアル

Scroll Down

  • 2024.07.02

    大野徹也弁護士が、近畿地方の金融機関が開催した役員及び部店長向け研修で、「金融機関に求められるマネロン・テロ資金供与・拡散金融対策~2024年3月末態勢整備完了をふまえて~」と題する講演を行いました。

  • 2024.07.01

    2024年6月1日付で、吉森大輔弁護士が入所いたしました。挨拶はこちらをご覧ください。

  • 2024.07.01

    吉森大輔弁護士が執筆した「2024年4月以降のマネロン等対策の行方~「マネロン・テロ資金供与対策ガイドラインに関するよくあるご質問」(FAQ)改訂を受けて~」と題する論考が、経済法令研究会発行の銀行法務21・2024年7月号(914号)に掲載されました。

もっと見る

About

霽月(せいげつ)法律事務所は、弁護士大野徹也が2022年7月に開設した法律事務所です。
企業を取り巻くリスク環境は常に変化し、法律事務所に期待される役割も常に変化しています。
そのような中、霽月法律事務所は、企業で不祥事が発生した場合における危機対応の助言や社内調査・第三者委員会調査の実施、コンプライアンス体制の高度化に向けた助言業務などの業務に従事してきた豊富な経験を踏まえ、企業のコンプライアンス・リスク管理の高度化に寄与します。
また、企業は、人権尊重責任の観点から、自社の事業・製品・サービスが人権に対して悪影響を与える可能性があることを常に認識し、対処することにより、人権に対する悪影響を停止、防止、又は軽減することが求められています。
霽月法律事務所は、この「ビジネスと人権」の文脈から、マネー・ローンダリング対策や反社会的勢力対応等、組織犯罪対策や金融犯罪対策に取り組む事業会社や金融機関を強力に支援します。
「霽月」とは、雨が上がったあとの月。転じて、曇りがなくさっぱりとした心境を指します。クライアントの皆様や、そのステークホルダーの皆様に、そのような心持ちとなっていただけるようなサービスを提供していきたいと思っています。

Practice

コンプライアンス体制の強化支援
コンプライアンス体制の現状評価と高度化に向けた助言、過去の不祥事を踏まえた再発防止策の提言、コンプライアンス・プログラムの策定やコンプライアンス委員会の活動の支援、役職員向けのコンプライアンス研修の実施、内部通報外部窓口の支援等を通じて、企業のコンプライアンス・リスク管理体制の強化を支援します。
危機対応及び不正調査
不祥事発生時の危機対応への助言、不正に対する社内調査の支援及び実施、第三者委員会調査の実施、調査実施後の再発防止策の提言等を通じて、企業の自浄作用としての危機管理を支援します。
コーポレート・ガバナンスの
強化支援
コーポレート・ガバナンス・コードへの対応、取締役会及び監査役会の機能強化、社外役員への就任等を通じて、企業のコーポレート・ガバナンスの強化を支援します。
マネー・ローンダリング及びテロ資金
供与対策(AML/CFT)の支援
金融機関や特定事業者によるAML/CFTの現状評価と高度化に向けた助言、リスク評価に対する助言、疑わしい取引発生時の助言及び対応、役職員向けのAML/CFT研修の実施等を通じて、リスクベース・アプローチによるAML/CFTの高度化を支援します。
反社会的勢力等対応の支援
反社会的勢力対応体制の現状評価と高度化に向けた助言、反社会的勢力関連事案への助言及び対応、悪質クレーム事件への助言及び対応等を通じて、企業の反社会的勢力等対応体制の高度化を支援します。
保険業務の支援
保険契約に関する争訟への支援及び対応、保険業法及び監督指針等の規制対応への助言、代理店業務委託契約に関する争訟への支援及び対応、保険代理店業務への支援及び対応、顧客対応に関する支援及び対応等を通じて、保険会社、保険代理店等保険関連事業者の業務を支援します。
一般企業法務
法律顧問、法務相談、契約書審査、人事労務、紛争・訴訟事案への対応等を通じて、企業の法務リスク管理に寄与します。

Profile

Access

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-8-1 
THE MOCK-UP 408号室
TEL 03-6632-2760 FAX 03-6632-2770
霽月法律事務所